年間行事 of 田縣神社公式サイト


tagata-rogo1.png

愛知県小牧市鎮座
田縣神社 公式ホームページサイト

年間行事

  • 一月一日 歳旦祭(さいたんさい)
  • 一月十四日 左義長神事(さぎちょうしんじ)
  • 二月十一日 紀元祭(きげんさい)
  • 三月三日 斧入祭(おのいれさい)
  • 三月十五日 豊年祭(ほうねんまつり)
  • 五月第二日曜日 人形祭(にんぎょうさい)
  • 七月二十五日二十六日 夏祭(なつまつり)
  • 九月十五日 敬老祭(けいろうさい)
  • 十月第二日曜日 秋祭(あきまつり)
  • 十一月三日 明治祭(めいじさい)
  • 十一月二十三日 新嘗祭(にいなめさい)
  • 十二月二十三日 天長祭(てんちょうさい)
  • 毎月一・十五日 月次祭(つきなみさい)
  • 毎年六・十二月晦日 大祓(おおはらえ)



IMG_0901.JPG

祭典.JPG

歳旦祭(さいたんさい)

1月1日午前8時より斎行される一年で最初の「神事」です。
新たな太陽が昇り、新しい年が始まることを言祝ぎます。

歳旦祭は元来、皇室祭祀令に基づく祭日の一つであり年始を祝う宮中祭祀であります。
当神社におきましても皇統の繁栄と国民の加護を祈念して元日早旦厳かに執り行われます。

歳旦祭.JPG

左義長神事(さぎちょうしんじ)

1月14日に境内で行われる神事で、「おたきあげ」とも称されます。
古い「お神札」や「お守り」を集め、神聖な火で焚き焼納致します。

旧年中に戴いた「お神札」や「お守り」「破魔矢」等をお持ち戴き納めることが出来ます。
他の神社でお受け戴いた「御守り」「お神札」でも構いません。
野天で行う祭事ですので、天候にもよりますが概ね午前中に限り受け付けます。

左義長.JPG

人形祭

毎年5月第2日曜日(母の日)に斎行される神事で、長年大切にされてきた家庭内の「お人形(にんぎょう)」を納める為のお祓いを執り行います。当日、境内駐車場南面に臨時の祭場が設けられ、受付をさせて戴きます。
初穂料(祈祷料)は人形嵩により神社にて判断致しますので、金属突起物・電気部品・ガラス等の危険物は取り除き、安全な状態で古い人形をお持ち下さい。
尚、午前中のみの神事となりますので、ご希望の方はお早めにお越しください。

人形祭1.jpg

夏越の大祓(なごしのおおはらえ)

6月30日午後4時、宮司以下神主と巫女が半年間の罪穢れを清める「夏越大祓(なごしのおおはらえ)」をお仕え致します。

身を清めた神主が大祓詞を宣り聞かせ、種々の祓具で粛々と祓を行います。

氏子崇敬者の皆様より事前にお預かりした人形(ひとがた:人の形をした紙)は、この神事で厳重に祓清められ、息を吹きかけ撫で託された罪穢れを一掃致します。

※「大祓(おおはらえ)」は一年を半年毎に区切り、6月と12月の末日に全国の神社で行われている伝統神事です。地方により差異がありますが、田縣神社では「人形」を用いた神事を斎行しております。
どなた様でもお申し込み戴けますので、ご希望の方は社務所までお申し付け下さい。
初穂料はお心もちで結構です。(3000円以上のお納めを戴いた方には特別撤饌を授与致します。)

ooharae001.JPG

ooharae003.JPG

年越の大祓(としこしのおおはらえ)

12月31日午後4時より、一年間の罪穢れを祓清める伝統神事「年越の大祓(としこしのおおはらえ)」をお仕え致します。

夏越の大祓と同様に、人形(ひとがた)にお移し戴いた罪穢れを厳粛な神事でお清めします。
新年を清浄な心と体で迎えたいという、日本人の精神性が如実にあらわれている神事です。

田縣神社では、全国から参拝に来られる崇敬者の内、特に祈祷をお受け戴いた方に人形(ひとがた)を郵送して大祓の御案内をしております。

※「大祓(おおはらえ)」は一年を半年毎に区切り、6月と12月の末日に全国の神社で行われている伝統神事です。地方により差異がありますが、田縣神社では「人形」を用いた神事を斎行しております。
どなた様でもお申し込み戴けますので、ご希望の方は社務所までお申し付け下さい。
初穂料はお心もちで結構です。(3000円以上のお納めを戴いた方には特別撤饌を授与致します。)

SANY0013.JPG

SANY0012.JPG